50Hzと60Hzの違いとは?

周波数の違い 生活

「コンセントからの電気は東日本は50Hzで西日本では60Hz」って話をなんとなく聞いたことありませんか?

でも「50Hzと60Hzってそもそもなんやねん!」とか、「違うからどうした?」って思っている人がほとんどだと思います。

ということで、今回はこの50Hzと60Hzとは何なのか、そしてこれが違うと何が問題なのかについてお話していきます!

実はこの違いの理解せずに電化製品を使っていると、以下のような事が起こる可能性があるんです…!

  • 製品の能力が落ちる
  • 製品が壊れる
  • 発火など事故につながる

このような事態にならないためにも、今までわからなかった方は是非最後まで読んでみてください!特に東日本から西日本やその逆などに引越しする予定のある方は要チェックです!

Hz(ヘルツ)とは何か

ではまず50Hzや60Hzとはそもそも何のことなのかを説明していきます。

学校の授業で電気には直流と交流があるという話はなんとなく聞いた覚えがあるかと思いますが、家庭用のコンセントから送られている電気は基本的に交流と呼ばれている電気です。(乾電池やバッテリーなどは直流。)

交流電源とは下図の様に一定の周期で電圧の大きさが+と−とを交互に変化しています。

交流電源

上のグラフは縦軸が電圧(V)、横軸が時間(t)を表しています。グラフを見てみると、時間が進む(横軸を右方向に進む)と共に、電圧が増えたり減ったり(縦軸の値が0から+に増えてから、減って0まで戻り−になり、また増えて0に戻っている)していますよね。

このように電圧が0から始まって、増えて減ってを繰り返して最終的にまた0に戻っている一つの波形を1秒間に何回繰り返すかを表したものを周波数と言います。

そしてこの周波数の単位がHz(ヘルツ)なんです。

つまり50Hzとは、1秒間に50回(60Hzは60回)グラフの様な電圧の変化が起こっているということです。

わかりにくい話だとは思いますが、一言で言ってしまえば電気の性質を表す要素の一つということですね。

日本国内でHzが違う?

ではこの電気の性質である周波数(Hz)が日本国内で違う地域があるというお話をします。

ざっくり言ってしまうと東日本が50Hzで西日本が60Hzの電気がコンセントから送られています。

正確な境界についてはSHARPさんのHPにわかりやすい図があるので、こちらを参照してみてください!

なぜ国内でHzが違うのか

なぜこの様に国内でHzの違う電気を使っているかというと、その理由は明治時代まで遡ります。

当時日本では電気を作るために発電機を海外から輸入したのですが、東京ではドイツ製の50Hzの電気を作る発電機を、大阪ではアメリカ製の60Hzの電気を作る発電機をそれぞれ輸入していたためにこの周波数の違いが生まれてしまったんです。

Hzが違うと何が問題?

日本国内では50Hzと60Hzの電気があるということがわかったと思いますが、ここから皆さんが一番疑問に思っているであろう「Hzが違うと何が問題なの?」というお話をしていきます。

その問題とは実は、電化製品の中には50Hzの電気、もしくは60Hzの電気を基準として作られているものがあるということ。つまりどちらかの周波数にしか対応していないということです。

冒頭でもお話しましたが、もし対応していない周波数の電源を使った場合

  • 製品の能力が落ちる
  • 製品が壊れる
  • 発火など事故につながる

といった問題が起こる可能性があるんです!

実際に電化製品の製品情報を見てみるとわかりますが、50Hzのみや60Hzのみ対応の製品があります。ちなみに50/60Hzといった書き方のどちらにも対応しているヘルツフリーの製品もあります。

近年ではこのヘルツフリーの製品が増えていますが、電子レンジや洗濯機などの古い製品ではどちらかの周波数しか対応していないものもまだまだあるので、もし違う周波数の地域に引っ越す際などは、必ずチェックしてください!