元日と元旦の違いって知ってます?

元日と元旦の違い 生活

新年の始まりである1月1日。この日の表現に「元日(がんじつ)」「元旦(がんたん)」という言葉がありますが、この2つの言葉の違いってご存知ですか?実は同じように見えてちょっとした違いがあるんです!

オクラ
オクラ

「元日」と「元旦」の違いは文字だけを見ると「日」と「旦」の違いだよね!実はこの形にヒントがあるんだ!

レサ男
レサ男

形にヒント??日の下に一があるかないかだよね…

オクラ
オクラ

その通り!この日の下の一は地平線を表しているんだよ!ということは…

「元日」と「元旦」の違いは「日」と「旦」の形がポイント!
それではここから2つの言葉の違いについて詳しく解説していきます!

元日と元旦には違いがあった!

元日と元旦…どちらも1月1日を指す言葉で違いは無いと思っている人も多いかもしれませんが、実は意味としての違いがあるんです!その違いは時間帯が関係しています!ではそれぞれにどの様な意味があるのか解説していきます!

元日とは

元日とは1月1日の一日を表す言葉。前文で時間帯が関係あると言いましたが、1月1日であれば何時であろうと元日と表現して問題ありません。元日の元は始まりとい意味で、日はその日一日を表しています。一般的もそう思われていると思うので、こちらは問題ないかと思います。

元旦とは

では元旦とは…元日と同じ1月1日でも、朝を指す言葉なのです。この記事の冒頭で「旦」という漢字の形がヒントとであり、日の下の一は地平線を表していると言いましたが、旦とは地平線から太陽が上がってくる様子を表しているんです!

つまり元旦とは日の出の時間である朝を表現する言葉なんです!ただし朝と言っても明確に何時から何時までという決まりはありませんので、だいたい午前中を指すと思っていただければいいと思います。

ちなみに元旦には朝という意味があることから「元旦の朝」という表現は間違いということがわかりますよね。朝という意味が二重で含まれているので注意してください。

年賀状には元日と元旦どちらが適切か

近年では年賀状を出さずにLINEやメールなどで新年の挨拶をする方も増えていると思いますが、もし年賀状に日付を書く場合は元日と元旦どちらの表現が適切でしょうか。

意味の違いを考慮して考えると、1月1日の午前中に相手に届く場合は元日でも元旦でも問題ありませんが、年賀状を出すのが遅れたりして朝に届かない場合には元日を使うのが本来正しいということがわかりますね。

ちなみに正月って?

1月1日を表す言葉として元日や元旦の他に「正月」という言葉もありますよね。これは本来1月丸々を表す言葉です。つまり1月1日〜1月31日までは全て正月なんですね。しかし一般的に使われているのは三が日を表すことが多い様に思われます。よく学校の始業式なんかで「正月気分が抜けてないなぁ〜!」なんて言ったりしますが、本来は1月の間であれば正月気分で当たり前ということになりますね笑

元日と元旦の違いはそんなに気にしないでいい

散々違いを説明してきた後に「気にしなくていいんかいっ!」って言われそうですが、これまで説明してきた違いがあることは事実です。しかし現代においてはここまで厳密に区別して使用することがなく、どちらも同じ意味で使用することが一般的になっているため、さほど気にしなくても問題ないかと思います。言葉の意味や使い方は時代によって変わるものがありますが、元日と元旦についてもそれが当てはまる言葉だと思います。現に国語辞典でも違いの説明はされているものの、同じ意味であると記載されているものもあります。

では最後に元日と元旦と正月の違いについてまとめると…

  • 元日…1月1日の丸一日を指す
  • 元旦…1月1日の朝の時間帯を指す
  • 正月…1月の丸一ヶ月を指す