レッサーパンダはパンダなの?

レッサーパンダはパンダなの? 動物

当ブログにもレサ男という名前で登場してくれているレッサーパンダ。2005年には千葉市動物公園の風太くんの立ち上がる姿で一世を風靡しましたね!

こいつにはパンダと名が付いていますが、パンダと聞いて思い出すのは筆者の私のアイコンにも使用させて頂いている白と黒が特徴の的なこいつですよね↓(皆んな大好きいらすとやさんからお借りしましたw)

ぱんだ

結論から言ってしまうとレッサーパンダもれっきとしたパンダです。しかし見た目からして全く違いますし、実は動物学的にも全く違う分類の2種類です。ではお互いパンダという名前が共通しているのは何故だか不思議ではありませんか?

オクラ
オクラ

今回は僕らの名前がテーマだね!はたしてレサ男くんは何故レッサーパンダなのか!

レサ男
レサ男

それは僕らのある共通点がポイントなんだよね!なんならレッサーパンダがパンダの元祖だしねw

オクラ
オクラ

確かに!レサ男くんが言っているある共通点や、元祖とはどういうことなのか!気になる方はこの記事を最後まで読んでみてね!

レッサーパンダとパンダ

まず白と黒の一般的にパンダと呼ばれている動物の正式名称はジャイアントパンダと言います。

冒頭でも説明した通り、お互い違う種類の動物でありながらどちらもパンダなのですが、ここからはその理由であるお互いの共通点、パンダという名前の由来を説明していきます!

共通点は?

ジャイアントパンダとレッサーパンダは動物学的分類としては全くの別物です。ジャイアントパンダはクマ科、レッサーパンダはレッサーパンダ科という分類です。

この2種の動物にはある共通点があるのですが…それは竹を食べる事!実はこれがお互いにパンダという名前になっている理由なんです。

パンダという名前の語源は諸説ありますが、一番有力なものがネパール語で「竹を食べる者」という意味の「nigalya ponya(ニガリヤ・ボンヤ)」のponya(ボンヤ)と言われています。つまりどちらも竹を食べることからパンダという名前が付いているのです!

余談ですが、パンダが食べるものといえば笹というイメージの方が多いと思います。竹と笹は同じものを指していると思っている方がいるようですが、全く別の植物なんです。ちなみにジャイアントパンダもレッサーパンダも笹と竹どちらも食べることが出来ます。

昔はレッサーパンダがパンダだった

この2種の動物ですが、初めに発見されたのはレッサーパンダの方でした。そして先ほど説明した理由で、その頃はレッサーパンダがパンダという名前で呼ばれ始めました

しかしその後ジャイアントパンダが発見され、同じように竹を食べる事からこいつもパンダになるわけですが、2種類の名前を区別するためにジャイアント(大きい)パンダとレッサー(小さい)パンダとそれぞれ名付けられたわけです。ちなみに中国語では大熊猫と小熊猫と書きます。

そしていつしかジャイアントパンダがパンダと呼ばれるようになり、レッサーパンダはそのままの名前で呼ばれるようになったというわけです。

レサ男
レサ男

これがレッサーパンダがパンダの元祖と言った理由だよ!

オクラ
オクラ

まだ僕が発見される前はパンダとはレッサーパンダの事を指していたって事だね!

(おまけ)レッサーパンダは皆んな立つ

本題とはちょっと逸れるのでおまけとしていますが、冒頭でちょっと触れた通りレッサーパンダと言えば、風太くんが有名ですよね!立ち上がる姿が可愛いということで当時ブームとなるほでした。JTのCMなんかにも起用されるほど。

しかしレッサーパンダという動物は基本的にあのように立ち上がることができる動物で、風太くんが特別ということはないんです。子供同士でじゃれ合う際や、威嚇する時なんかに2本足で立ち上がる姿がよく見られる動物です。

実際に当時、風太くんが話題になった時、他の動物園から「うちのレッサーパンダだって立ち上がるぞ!」などのアピールが多々あったそうです(笑)ズーラシアにいるデールくんというレッサーパンダに至っては、なんと立ち上がったまま二足歩行までしていたとのこと!

どちらもパンダです

まとめとなりますが、どちらも間違いなくパンダなんですね!

パンダとは竹を食べる動物の事を指し、ジャイアントとレッサーは単純に大きさの違いで名付けられたということで、動物学的な分類とは特に関係が無いということです。

・「パンダ」の語源…竹を食べる者(※諸説あり)
・ジャイアントパンダ…竹を食べる大きい動物
・レッサーパンダ…竹を食べる小さい動物

・関連記事(動物の雑学)

キリンは高血圧って知ってます?理由は冷静に考えればわかる!
キリンが高血圧って聞いたことありますか?実はあの特徴的な首の長さが原因なんです!この記事ではその理由を詳しく解説しています!