「目から鱗が落ちる」は実際に起こる現象だった…

目から鱗が本当に落ちる奴がいる 生活

日常生活で「それは目から鱗だ…!」なんて言ったことはありませんか?

「目から鱗が落ちる」とはあくまでことわざの一つであって、実際にあなたの目から鱗が落ちるなんて現象は起こりませんよね?

でも実は本当に目から鱗が落ちちゃう奴がいたんです(笑)

今回の記事はこんな嘘のようで本当のお話をしていきます!

オクラ
オクラ

目から鱗が落ちる奴ってなんだかわかる?

レサ男
レサ男

全然わからない…そもそも目に鱗なんて普通ないし…

オクラ
オクラ

そいつはちゃんと目に鱗もあるよ!

レサ男
レサ男

えええ、ますますわからないよ…

オクラ
オクラ

気になるなら続きを読んでみてね!(笑)

 

目から鱗は実際に落ちる

目から鱗が実際に落ちる奴がいるとはどういうことかと言うと、本当に目から鱗が落ちちゃう動物がいるんです!

目から鱗が本当に落ちちゃう動物がいる!

目から鱗の意味は?

本題に入る前にまずは目から鱗の意味から説明すると、「わからないことが急にわかったり、新しい発見にハッと気付く様子」を表したことわざですよね。

このことわざは聖書から由来していて、実際に「目からウロコのようなものが落ち…」という表現が登場しています。

表現自体の由来としては、見えているつもりの物が実は見えていなかったという状態の比喩表現。目に鱗がフィルターのように掛かっており、それが取れたことで見えるようになったという意味から、急にわかるようになったという現在使われている用法に繋がります。

目から鱗が落ちる動物とは

では本題の目から鱗が落ちちゃう動物ですが…そいつはヘビです!

ヘビは全身を鱗に覆われており、実は目も鱗で覆われています。そしてヘビといえば脱皮をすることは有名ですが、この時に目についていた鱗も取れるので、まさに目から鱗が落ちる動物と言えるわけです!

ヘビは眼球も鱗で覆われており、脱皮の際に剥がれる

なぜヘビは目までもが鱗に覆われているかと言うと、まぶたがないからなんです。まぶたがないということは、いかなる時も目が開きっぱなしになってしまうので、鱗で眼球を保護しているんですね。これぞまさしく目から鱗な知識ではないでしょうか笑

ちなみに目が開きっぱなしということは、当然寝ている時も開いています(笑)「ヘビの寝顔」とかで検索してみると、ヘビをペットとして飼っている方などが写真を上げていたりしますが、ガン開きです(笑)これでどうやって寝ていると判断できるのかは私にはわかりません…(笑)

ただあくまで脱皮の時に鱗が剥がれるだけなので、落ちるとはちょっと違うと言えば違いますが、細かいことは気にしないでくださいね(笑)