ワイシャツのワイはYではない!?

ワイシャツはYシャツではない 生活

Yシャツのアイロンがけをしていてふと思ったんですよ。YシャツのYってなんだろうと…。形がYだからだと思っていましたが、それで言ったらTシャツと何が違うのか…。そんなちょっとした疑問がきっかけで今回の記事を書きました!

スーツの下や学生服なんかでも着る「ワイシャツ」。このワイシャツの「ワイ」ってどういう意味かご存知ですか?実は多くの人が勘違いしており、本当の意味を知っている方は少ないじゃないかと思います!

オクラ
オクラ

ワイシャツのワイってなんだか知ってる?

レサ男
レサ男

え、広げた形がアルファベットの「Y」みたいだからYシャツじゃないの?

オクラ
オクラ

僕もそう思っていたけど、実は違うんだな!

レサ男
レサ男

ええええええ、じゃあなんなの!!!!

ワイシャツのワイはYではない!

ワイシャツのワイとは?

レサ男くんと同じように、広げた形がYみたいだからワイシャツと呼ばれていると思っている方は多いのではないでしょうか。実はこれは誤りなんですね。

それでは一体どういう意味なのか!ここから詳しく解説していきます!

ワイシャツの語源

結論から言ってしまうと、ワイシャツのワイとはホワイトのワイなんです。

どういうことかと言うと、ワイシャツとはホワイトシャツが語源になっています。これはいわゆる造語と似た様なもので、英語圏の方にワイシャツと言っても伝わりません。さらにはホワイトという色が語源にあるので、厳密に言うと「水色のワイシャツ」といった表現は間違いということになりますね。

この経緯は明治時代にこの形をした白いシャツを西欧人から「ホワイトシャツ」と言って渡された日本人が、その際に「ワイシャツ」と聞き間違えたことが原因と言われています。

ワイシャツは下着だった

ワイシャツ関連の話でもう一つ雑学をお話すると、元々ワイシャツとは西欧で下着として着られていたものです。白が多いのも、それが理由なんですね。

さらにワイシャツといえば、前後の裾が長めに作られていますよね。これも元々は下着であった事が理由で、当時は股間まで隠せる様に今よりもっと長めに作られていました。その名残で現在のワイシャツも裾が長くなっているんです。

ちなみにTシャツは…

ワイシャツのワイがYではないということはわかったと思いますが、似たような名前のものにTシャツがありますよね!こちらも形がTだからTシャツと呼ばれていると思っている方がほとんどだと思いますが、まさかこのTも違う意味なのではないかと気になりますよね!

TシャツのTはなんと…形がTだからTシャツです(笑)皆さんが思っている通りです!(※諸説ありますが、この説が一番有力)

「Y」シャツではない

Yシャツという表記も一般的なものになっていますが、元々のホワイトシャツという語源を考えてみると「Y」という表記の仕方は違うということがわかりますよね!慣れ親しんだ名前ではありますが、本当の意味を知っている方は意外と少ない言葉だと思います。

冒頭でもお話した通り、私も今まで形がYだからだと思っていましたが、(形で言ったらTシャツと同じTだよな…)とかちょっと疑問に思いつつもそういうものだと思い込んでました(笑)この記事を書きつつ、自分自身もすごくスッキリして良かったです(笑)

ワイシャツの「ワイ」はホワイトシャツの「ワイ」である。